HOME >

高校生のお客様

投稿日時: 2020年5月16日

大工になりたい!

今日は大工になりたい!という高校3年生がお母さんと一緒に会社訪問、現場見学に来てくれました。

現在は建築科ではないため、すでに建築の道へ進むべく資格取得を開始しているそうで、驚きました。相当に向上心があるんだろうな!と私自身感心しました。(自分の18歳の時を思い出すと、、、(笑))

その考え方の差に笑うしかありません。

「この子はきっと周りより上に行く」直感で感じました。(私の直感、けっこうあたります(笑))

現場を見学

事務所での面談のあと、日向市向江町で進行中の新築現場を見学。親父がいて、仕事の内容や建築の事、話してくれました。

次に新潟からの移築古民家の現場へ!梁組をみるなり、「すごーい!」とお母さんもお子さんも。

なんでも、お子さんはこういう古民家が好きなんだそう。しぶい!(うちと合うかも)

新潟からの移築現場を見学

大工体験を約束

ひととおり現場の雰囲気を感じてもらい、次は大工体験に来る!という話となり、今から様々な選択肢がある18歳。まあ、焦る事もないので一度大工を体験してもらったほうが良い。そう思います。

大工になる、ならない。

途中で違う職業に就く、そのまま大工を続ける。

その会社で大工を続ける、違う会社で大工をやる。

棟梁を目指す、設計がやりたくなる。

木造が好きだが、鉄骨も知りたい。

一生建築で生きていく、もう建築はいやだ。

自分の人生なんでなんでもありだと思います。これから様々な選択の場面が出てくると思うけど、自分のやりたい事、素直に従って前に進んでほしいな。そう思えた日でした。