HOME >

圧巻の法隆寺

投稿日時: 2020年7月16日

私と社員2人、左官職人の(株)ナゼヤさん2人の計5人で茅葺き研修に出発しました。

宮崎空港→伊丹空港→奈良見学→京都視察→富山県合掌の里で2日間の研修。計4白5日の行程です。

昨日は初日移動で奈良県の薬師寺と法隆寺を訪れました。

昭和の大棟梁、西岡常一さんが再建された西塔、1,200年の歴史がある東塔。5重塔に見えるけど、3重塔なんだそうです。実は。

薬師寺西塔

その後、法隆寺へ。世界最古の木造建築物として知られていますがその維持管理には、先人達の驚くほどの努力が詰まっているそうです。柱がひび割れたり、風化により節に穴が開いたりしたら都度埋木で補修。柱などは傷んだ部分のみ継手などで修繕。そんな事を永遠に繰り返し建物を維持させている。そして、何と言っても300年に一度、建物を解きほどき大改修を行うそうです。

法隆寺五重の等
法隆寺夢殿

私たちも100年もつ建物を造りたい。そう思います。古民家もそうですが石、木、土で造る建築。それが一番長持ちするんだな。と改めて実感。便利な建材は沢山ありますがそれに頼りきらず、取捨選択しながら「いい家」づくりに努めたいと思います。